Nyzoの動作原理

ネットワークベース
Nyzoは非常に異なるネットワークであり、作業量の証明(POW)でもproof of stake(POS)でもない。それに伴って、理解する必要があるいくつかの新しい概念も現れた。 以下に、ネットワークの主要コンポーネントの視覚化と説明を示す。

メッシュ
メッシュはネットワーク全体を表している。
ノードは次の2つのグループに分けられる:
•キュー候補ノード
•インサイクル検証者
メッシュ内のほとんどの検証者はキューの候補者である。

キュー候補ノード
すべてのノードはキュー候補で始まる。 キュー候補ノードはブロックの生成には参加しないが、ネットワークを積極的に追跡する。
有効なキュー候補ノードには、次のものが含められる:
•唯一のIPv4アドレス
•nyzoVerifierコードベースの最新、且つ実行中のソフトウェア

キュー候補ノードが初めて初期化された(コードベースがインストールされ、唯一のIPv4アドレスを持つ新しいコンピューターで実行されている)後、一連のイベントが発生する:

•キュー候補ノードは、ブロックチェーンとそのステータスの追跡を開始
•キュー候補ノードは、その存在をインサイクル検証者に通知
•インサイクル検証者は、タイムスタンプを使用して、キュー内の候補ノードの存在を記録

新しいキュー候補ノードは、上記の操作を少なくとも30日間繰り返す必要がある。これにより、サイクルで選ばれる資格を持つ。このような設定により、ボットネットや不正に資金提供されたサーバーがネットワークに参加する明らかな利点を得ることができなくなる。 また、ネットワークに参加する際の直接的な利点も回避される。

候補者の選択
インサイクル検証者は、サイクルの一部となる候補者を自動的に選択する。
このプロセスは決定論的にランダムであり、「Nyzo宝くじ」と呼ばれることもある。

検証者は、50ブロックの増分ブロックハッシュ値に基づいて、投票された検証者を個別に切り替える。 ただし、これは、新しい候補者が50ブロックごとにループに入ることができるという意味ではない。

ブロックチェーンルールは、次の式に従って、候補者がいつサイクルに参加できるかを記述する。

24 * 3600 / cycle size / 7 / 2 = Joins per day
24 / Joins per day = Hours between joins

ネットワークによって選択された後、候補者はネットワークに参加するためのブロックを生成する必要がある。

以下は、新しい候補者がサイクルに参加し、インサイクル検証者になるまでの履歴プロセスを示す。 (執筆時点)
32UiqCz

ブロック生産
サイクルは固定ノード構造で構成され、各ノードは順番にブロックを生成する。 これにより、ブロックの生成がPoWまたはPoSシステムよりも速くなり、ブロック時間は7秒になる。

すべてのサイクルで、検証者は7秒ごとに投票して、生産検証者による提案されたブロックの生産を承認する。

ブロック報酬
検証者は、取引手数料からのみ報酬を受け取る。 検証者としてサイクルに参加できる場合、検証される各ブロックのトランザクション料金は10%であり、チェーン内の次の9ブロックのそれぞれのトランザクション料金は10%である。 これがそもそもお金を稼ぐ方法であり、より多くの人々がシステムに参加するにつれて、お金を稼ぎ続けていく。

多くの人がたくさんのコインを所有していない限り、自然な取引量は取引検証を価値のあるものにするのに十分ではない。

この問題を解決するために、2,700万のシードトランザクションが作成された。システムの運用の最初の6年間でブロックごとに1つのトランザクションである。

これらのトランザクションは、秘密鍵が生成されたアカウントから抽出され、トランザクションの署名に使用され、保存せずに破棄される。
バージョン479は、シードウォレットから発生する他のトランザクションがネットワークに含まれないようにする。

シード資金は2000万NYZOである。すべてのシードトランザクションが処理されると、5年の終わりに使い果たされ、最終的には約0.01NYZOになる。 以前の取引の一部が省略された場合、それらは6年目にのみ取引される。

エミッション計画
各暗号通貨には、プロジェクトに参加している人にコインをリリースする方法がある。これは、ネットワークセキュリティのインセンティブであり、ネットワークに参加したいサイクル候補者にとって関心のある主要な推進力である。

これは、暗号通貨の価格を決定する上で重要な決定要因である。
上記のように、シードアカウントは、ネットワークが存在してから最初の6年間に報酬を提供するのに役立つ。 この期間が過ぎると、ネットワークのトランザクション量は自然になると予測できる。 サイクルファンドは、Nyzoの開発に報いるための主な触媒である。

コアの決定要因:
•1日あたりのブロック
•シードトランザクション量
•サイクルサイズ
•オーガニック取引量

Open-Nyzo githubリポジトリは、コイン供給とネットワークサイクルイベントの履歴ビューを生成するためのツールを提供する。

最初のグラフは、種子交換に含まれるNyzoの数の減少を示している。 シードアカウントトランザクションの「全体的な報酬」は0.25%である。
これには、自然なトランザクション検証によって生成されたその他の収益は含まれない。
6PRf89G

2番目のグラフは、ループ内の検証者の数を示している。
サイクルに関与する人が多ければ多いほど、1人の検証者が1日に作成する障害は少なくなる。 サイクルが10の公式ノードから拡大し始めると、単一の検証プログラムによって生成されるブロックの数は急速に減少する。
nCM4ie7

最後の図では、最近のエミッション量の進捗状況をよりよく理解するために、上の図の最初の700,000ブロックを省略している。

もっと詳しく知る
この記事にはすでにWebに関する多くの情報が含まれているが、ページの長さが長くならない場合、一部のトピックはここで取り上げられない。 ナレッジベースには、センチネルの役割を説明し、典型的な検証プログラムのライフサイクルタイムラインを視覚化し、ネットワークの攻撃回復力を記録し、電力消費を暗号通貨空間の他の項目と比較する、多様性のカテゴリの個別の証明が含まれている 。

Website: https://nyzo.co
Tech:http://tech.nyzo.co
GitHub: https://github.com/n-y-z-o/nyzoVerifier
Discord(no official):https://discord.gg/REzrUZG
Twitter1(no official): https://twitter.com/nyzochain
Twitter2(no official): https://twitter.com/nyzo_io
Trade: https://qtrade.io/market/NYZO_BTC

原文 : https://nyzo.net/getting-started-04.html

1 Like